Androidスマホからほぼ全ての広告を除去する方法

ソフトウェア
スポンサーリンク

スマートフォンでは大抵のアプリは無料で使え、ブラウザで検索したサイトも表示のために料金を請求してくることは多くありません。端末料金や通信料金を抜けばほとんどのことは無料でできます。

しかし、スマートフォンを利用している方なら分かると思いますが、そういったアプリやサイトの基本的な収入源は広告です。そのためアプリやサイトの利用時に画面の一部に広告が表示されることがあります。

無料で利用していることを考えれば仕方ないのですが、アプリによっては半強制的に広告を見せられたり、サイトによっては表示が大きすぎるなど、利用者にとって不便な仕様となっていることもあります。

特に悪質なサイトではリンクに仕込んであって勝手にタブが開かれたり、内容が怪しかったりとセキュリティー上の懸念があるというのも確かです。

それに何より現在では大半のアプリやサイトが広告による収入を得ており、利用者は1日に尋常ではない広告の量を見せられることになります。そのストレスを少しでも軽減しようというのが今回の試みです。

※今回の方法ではサイドローディングを使用します。紹介するアプリはこちらで安全なものと確認済みですがリスクを伴います。Androidのセキュリティーに詳しくない方にはオススメしません。またインストールによって起きた不具合につきましてこちらで責任は負いませんので自己責任でお願いいたします。

今回インストールするアプリはこの2つ

AdGuard

ブラウザやアプリに広告を表示させたくないなら「AdGuard」がオススメです。大抵の広告はこのアプリ1つでブロックできます。

本格的にAndroidで広告をブロックするのは【 AdGuard 】
AdGuardは、Androidのアプリやブラウザの広告をブロックし、プライバシー保護やアプリ管理をサポートするユニークな広告ブロックツールです。

スマートフォンのVPNとして機能することで通信の中から広告を判別して自動的に弾いてくれます。

AndroidではVPNを利用するとバッテリー消費量が増えやすくなりますが、ストレスフリーな環境を考えれば導入するだけの価値はあるでしょう。広告を読み込まないことによりバッテリー消費を抑えることができるという主張もあるようです。

YouTubeアプリには効果がない

恐らく多くの人が広告をブロックしたいと考えているYouTubeですが、残念ながらAdGuardはYouTubeアプリに効果がありません。個人的には減ったような気がしますが恐らく気のせいでしょう。

もし動画の再生時や再生中に流れる広告を消したいのであれば次のアプリを使用することをオススメします。

YouTube Vanced

YouTubeアプリから広告を削除したいなら「YouTube Vanced」がオススメ。

YouTube™ Vanced
The official website of YouTube™ Vanced - a modded YouTube™ client for Android.

こちらは「YouTubeアプリから広告を消す」のではなく「広告が再生されないYouTubeアプリを使う」ことで動画再生時の煩わしい広告を回避するものです。

とは言っても本家のYouTubeアプリと見た目も機能もそっくり。使い方で迷うことはまずないでしょう。

アプリの設定を開くと下の方に「SponsorBlockの設定」「Vancedの設定」という項目が追加されており、そこから詳細な設定をすることも可能ですが初期設定でも十分使えます。

ピクチャーインピクチャーもバックグラウンド再生も使える

こちらの機能は本来ならYouTube Premium利用者限定の機能です。通常であればアプリを閉じると再生が停止してしまうところですが、YouTube Vancedを使用すれば途中でアプリを閉じても小窓で表示することができ、音楽アプリのように音だけ聞くことも可能です。

通常ではマルチタスク機能でアプリを2画面表示するなどして回避する必要がありましたが、そういった手間もなく各種アプリとの行き来がしやすくなるのでとても便利です。YouTube動画を眺めながらブラウジングしたいという方にはオススメですね。

アプリを更新する時はVanced Managerから

YouTube Vancedは使いやすい一方でアプリの構造が少し複雑で、アプリを管理するのは「Vanced Manager」です。その下に「YouTube Vanced」「YouTube Music Vanced」「Vanced microG」があります。

名前機能
YouTube VancedYouTube
YouTube Music VancedYouTube Music
Vanced microGカスタムGMS

基本的に各アプリの名前にVancedが付いただけ。インストールしてみれば中身は元々のアプリとそっくりなので分かるかと思います。

導入時には「Vanced Manager」のアプリを端末にインストールしてから、Vanced Manager上で「YouTube Vanced」をインストールする形になります。

ちなみに「Vanced microG」はYouTube Vancedを利用する上で必須となりますので必ずインストールしてください。「YouTube Music Vanced」は不要ならインストールしなくても大丈夫です。

なぜAndroidだけ?

今回の記事ではAndroidを搭載したスマートフォンのみを対象としています。その理由としてiPhoneでは基本的にサイドローディングができないからです。

GoogleもAppleもユーザーが安全に利用できるようアプリストアを運営しており、アプリのインストールについてかなり注意を払っています。悪意のあるソフトウェアが侵入するとすればこのタイミングだからです。

特にAppleは厳格でiPhoneやiPadの利用者に不利益が及ばないよう、ストアで審査を通ったアプリのみインストールができるようになっており、Appleも「サイドロードを許可するとiOSプラットフォームのセキュリティが低下し、サードパーティ製アプリだけでなく、ユーザーも深刻なセキュリティリスクにさらされることになります」、「ユーザーはアプリのサイドロードやアプリのサイドロードや未承認のアプリストアの使用を避けるべきです」と明言しています。

https://www.apple.com/privacy/docs/Building_a_Trusted_Ecosystem_for_Millions_of_Apps.pdf

iPhoneやiPadでサイドローディングする方法もあるにはあるのですが、Appleによる保証・修理の対象外となる上に、悪意のあるソフトウェアを侵入させてしまう可能性が高まります。いくら広告を排除できるからといってそこまでする必要があるかは少々疑問が残るところ。そのような問題が起きないことがApple製品の価値に繋がっているのかもしれません。

Androidでもリスクはある

サイドローディングができるからといってAndroidにリスクがないわけではありません。もちろんリスクはあります。ただ今回紹介したアプリは悪意のあるソフトウェアとしての報告がなく、比較的安全な方だと考えています。

「AdGuard」はAppleのAppStoreでも配信されていますし、実際にsafariで使用することもできます。Android版のように通信全てを監視して広告を除去するものではありませんが広告ブロックという点に関しては同じです。

Android版はサイドローディングが必要となりますが、GitHub上にソースコードが公開されていますので安全かどうか自分で確かめることも可能です。

GitHub - AdguardTeam/AdguardForAndroid: Open bug tracker for Android version of AdGuard.
Open bug tracker for Android version of AdGuard. Contribute to AdguardTeam/AdguardForAndroid development by creating an account on GitHub.

またYouTube Vancedに関しても、全てではありませんが、Vanced Managerなど一部のアプリについてGitHub上でソースコードを公開しています。

YouTube Vanced
YouTube Vanced has 10 repositories available. Follow their code on GitHub.

肝心の「YouTube Vanced」のソースコードが出ていないのは本家アプリの流用だからでしょう。今のところ悪意のあるソフトウェアであるとの報告はありませんし、悪意のあるソフトウェアが侵入したという話も聞きません。

導入におけるデメリットは?

AdGuardやYouTube Vancedを導入することのデメリットとして挙げられるのは次の2点です。

  1. サイドローディングが発生する
  2. バッテリー消費量の増加

こちらについて少し詳しく見てみましょう。

サイドローディングが発生する

いくら安全とはいえ、GoogleのPlayストアを利用せずにアプリをインストールするため悪意のあるソフトウェアが混入する可能性は少なからずあります。

普段利用しているPlayストアでは、アプリが配信される前にGoogleがそのアプリの安全性について審査しています。審査されたから全て安全というわけではありませんが、ユーザーに損害を与えるアプリが端末にインストールされる可能性を減らすことができます。

その点、サイドローディングではまだ審査のされていない、安全性が確保されていないアプリを端末にインストールすることになります。その安全性を審査するのがユーザー自身となるため、ある程度ソフトウェアについて知識を有することが前提となります。またその責任についてもユーザーが全て負うことになります。

リスクを低くしたい

サイドローディングに不安を感じる方はインストールしないのが最善です。その場合はPlayストアに公開されているアドブロック搭載のブラウザアプリを利用することをオススメします。

BraveやVivaldiでは広告ブロッカーを標準搭載、Firefoxでもアドオンを利用することで広告を除去することができます。ブラウザでYouTubeを開くのであればAdGuardもYouTube Vancedも必要ありません。

「特定のブラウザを利用したい」「YouTubeアプリの使用感がいい」という方はリスクとトレードオフでサイドローディングするのもいいでしょう。

バッテリー消費量の増加

AdGuardを使用するとバッテリー消費量の増加します。これはAndroid全てに言えることなのですがVPNを利用するアプリは大抵こうなります。

VPNの利用方法で多いのは通信内容の暗号化かと思いますが、AndroidのVPN機能を利用すると端末の通信を全て監視することになりますので、VPN機能をオフにした場合と比べるとバッテリーの消費が増えます。通信の暗号化や接続先の判別にも一定のCPU負荷がかかることを考えれば当然でしょう。

さすがに動画を連続視聴する時のような大幅なバッテリー消費があるわけではありませんが、VPNを利用することで多少バッテリーの減りが早くなるかもしれません。

不要な時は止めることもできますので利用状況に合わせて調整するのがよいかと思います。クイック設定にAdGuardのボタンを表示させておくと管理が楽です。

VPNの利用者は注意

AdGuardのVPN利用に関してもう一点だけ。Androidで同時にVPNを利用できるのは1つのアプリだけです。普段からVPNアプリを利用している、または外出先でWi-Fiを使用する際にVPNに接続するアプリを使用するといった方は、AdGuardとの同時利用ができませんのでご注意ください。

例:Cloudflare「1.1.1.1」と「AdGuard for Android」の同時利用など

導入方法は?

AdGuardについては公式HPに記載してあります。

AdGuard for Android のインストール方法 | AdGuard Knowledgebase
AdGuard

こちらの情報で解決できない場合は「AdGuard 導入」で検索をかけると出てきます。

HTTPSフィルタリングではなくDNSブロックがよいなど色々意見はあるところですが初期設定で問題ないかと思います。

またYouTube Vancedについては以下のサイトが分かりやすいかと

「YouTube Vanced」の導入手順 & 各種設定/機能の解説
「YouTube Vanced Edition」は、YouTubeアプリの改造版アプリで、YouTubeに機能を追加し、広告を削除したことから、「YouTube+Advanced-Ad=YouTube Vanced」となっています。バックグ

実際に使ってみると細かい設定をしなくても十分使えるのが分かるかと思います。

広告を排除して快適なスマホライフを

各アプリの安全性の確認や初期設定などやることは多いですが、一度設定してしまえば以前よりも快適に使えるようになるはずです。少なくとも広告によって小さい画面が更に小さくなった時のイライラからは解放されるでしょう。

またYouTubeに関しては動画再生前の5秒の広告も12回見れば1分。カウントダウンまでの遅延が1秒ほど、スキップボタンを押すまでのロスも踏まえると7秒くらいですかね。意外と広告に奪われている時間って多かったりします。

人によってはインストールと設定に30分くらいかかるかもしれませんが、トータルで考えたら得になるかもしれません。


※Android は Google LLC の商標です。Android ロボットは、Google が作成および提供している作品から複製または変更したものであり、クリエイティブ・コモンズ表示 3.0 ライセンスに記載された条件に従って使用しています。

タイトルとURLをコピーしました