コンプレッサー式除湿機は冬の寒さに弱いのか

メモ
スポンサーリンク

湿度の高い梅雨や気温の低い冬には洗濯物の乾きが悪くなりますが、そんなときに購入を検討したいのが除湿機です。室内の湿度を下げることで洗濯物の乾きを格段に良くすることができます。

しかし、ネットでは「コンプレッサー式は寒い季節に弱く性能が落ちる」と指摘する方もいます。購入を検討されている方の中には、こういったレビューによって購入を躊躇っている方もいるのではないでしょうか。

そこで実際に使用してみての感想とコンプレッサー式に対する誤解について書いていこうと思います。

スポンサーリンク

除湿量は減るが性能は低下しない

「寒さに弱い」とされているコンプレッサー式除湿機ですが、寒くなった冬でも稼働させることで洗濯物の乾きが格段に良くなります。

これは洗濯物から放出される水分を除湿機で回収することで室内の湿度が下がるからで、室内の湿度が下がれば、それだけ洗濯物から空気中に放出される水分量は増え、水分が抜けた洗濯物は乾くというわけです。

気温が高い夏場と比べると時間はかかりますが、除湿機を使用していない環境と比較した場合では圧倒的に早く乾くようになります。特に冬場に乾きが悪くなるバスタオルや厚手のパーカーなどではその差は歴然です。

環境にもよるとは思いますが以前は乾くまでに1日半はかかっていたところが1日で済むといったところでしょうか。洗濯物を回収するタイミングが1日に1回であれば、2日かかっていた乾燥時間が1日に、半分の時間で済むようになります。

スポンサーリンク

冬は除湿性能が下がるは嘘

一部のサイトでは気温が低下する季節に除湿量が落ち込むことから「冬は除湿性能が落ちる」「除湿量が低下する」「寒さに弱い」と記載されていることがあります。

しかし、実際には気温が低下したことにより空気中の飽和水蒸気量が少なくなることで除湿量が減っているだけで除湿性能には変化がありません。

夏でも冬でも、湿度の高い部屋を湿度の低い状態に変えることには何も変わりがないのです。

冬の性能低下についてはデシカント式除湿機との比較で記載されることが多いのですが、デシカント式の仕組みは除湿剤や乾燥剤と同じで、気温や飽和水蒸気量に関係なく、空気中に水分があれば吸湿できるので一定の除湿量を確保できます。

一方で、コンプレッサー式除湿機はコンプレッサーにより熱交換器の一部を冷やし、空気中の水分を結露させることで回収しているので、熱交換器と室温の温度差や空気中の飽和水蒸気量に左右されます。

気温が低いと空気中の飽和水蒸気量が減り、空気中の水分の回収量、つまり除湿量が減るために「コンプレッサー式は寒さに弱い」と言われるわけです。

なぜそう言われるようになったのか?

コンプレッサー式除湿機について、話の出所は明確には分かりませんでしたが、大手電機メーカーがハイブリッド式除湿機のページで以下のように記載しています。

従来、当社の除湿機で採用されていた「コンプレッサー方式」には『気温が下がると大きく除湿能力を落とし、特に冬場に使いづらい』という弱点がありました。
この弱点を、気温が低い時期にも除湿力が落ちない「デシカント方式」を取り入れることで克服。『気温に左右されにくく、1年中安定しパワフルな除湿能力を発揮できる』ようになりました。

除湿機の方式を解説 ハイブリッド方式とデシカント方式、コンプレッサー方式の仕組みと違い | 衣類乾燥除湿機の選び方 | コンテンツ一覧 | 衣類乾燥除湿機 | Panasonic
このページでは衣類乾燥除湿機の「方式の違い」について解説しています。ハイブリッド方式とデシカント方式、コンプレッサー方式の仕組みと違いを解説します。パナソニックの衣類乾燥除湿機のサイトです。

影響力のある大手メーカーが除湿量が下がることを「除湿能力を落とす」と表現したことが、このような誤解を招くきっかけになったと考えられます。

このページにはコンプレッサー式やデシカント式についての詳細な説明があり、コンプレッサー式では冬に結露しづらことにも言及していますが、一方で、飽和水蒸気量には触れず、温度差だけの記述となっていることも誤解を生んでいる一因かもしれません。

「コンプレッサー方式」の冷却器を、冷たいコップに例えると
冷たい水の入ったコップを置いておくと、気温・湿度が高い夏場にはみるみるうちに結露した水滴がついていきます。一方、冬場は、気温とコップ表面との温度差が小さいため、夏と比べて水滴はつきにくくなります。

スポンサーリンク

コンプレッサー式の弱点は?

さて、冬でも夏でも使えるコンプレッサー式除湿機ですが、ちゃんと弱点も存在します。

使用時の音が大きい

コンプレッサー式除湿機の仕組み自体はエアコンと一緒です。コンプレッサーを用いて冷却された熱交換器に結露した水分を集めます。エアコンの除湿機能と同じです。

問題は室内機と室外機が一緒になっていることです。除湿機の場合は室外機を外に設置することなく同じ筐体の中に組み込まれているのでそれなりに音がします。

個人的には居住空間で使うことはオススメしません。物干し部屋に置くのがベストだと思います。

室温の上昇もある

ヒーターを用いるデシカント式と比較するとコンプレッサー式は室温が上昇しづらいと言われています。

先程記述した通り、エアコンの室内機と室外機が一緒になった構造なので片方は冷却、もう片方は発熱の役割を果たし、理論的には温度はプライマイゼロとなるはずです。

しかし、実際には電気抵抗などによって熱が発生するため、結果的にはプラスとなり室温の上昇が発生します。

冬場に部屋を暖められるほどの熱量はありませんが、夏場に使用した場合には使用していない時と比べて室温が高くなります。除湿されているため不快ではありませんが、そこで快適に過ごせるかというと難しいと言わざるを得ません。

「除湿された空気+送風機能」という使い方で快適さを紹介しているメーカーもありますが、その場合は除湿機ではなくエアコンを使用するのが効果的だと思います。

電気代はそこそこかかる

「デシカント式と比べて電気代が安い」と言われることもありますが、そこまで大きな差はありません。

機種にもよりますが、デシカント式でもコンプレッサー式でも使用時の消費電力は0.35~0.4kWhほど。衣類を乾燥させる目的で12時間使用した場合の電力使用量は約4.8kWhということになります。

全力運転をしない場合は湿度が一定まで下がると運転を控える機能がついており、こちらは1時間あたり0.2~0.3kWhほどです。上記と同様に12時間使用した場合の電力使用量は3.9kWhとなります。

一般的なドラム式洗濯機の乾燥機能では消費電力が1.1~1.3kWh、乾燥時間が2時間ほどとなっていますので電力使用量は2.6kWhとなり、乾燥時間や消費電力ではドラム型洗濯機の乾燥機能を使った方が安く収まるかもしれません。

一方で、部屋全体を除湿できるため洗濯物の重量を気にしなくていいことや、エアコンなどと比べて設置が簡単で価格的優位性があることは利点として挙げられるでしょう。

スポンサーリンク

まとめ

ネットでは寒さで性能が低下するという噂のあるコンプレッサー式除湿機ですが、実際には冬でも除湿能力が低下することなく洗濯物を早く乾かすことができるので、部屋干し派の方は購入の検討をしてみてはいかがでしょうか。

コンプレッサー式でもデシカント式でも使用できる最低室温は5℃からとなっていますので、寒冷地にお住まいの方は導入する前に使用環境が適しているか確認しましょう。

スポンサーリンク
メモ
Re:FLAG